性欲

『四十にして惑わず』は、今となっては通用しない言葉。男も女も、むしろ四十歳を境に惑い始めるほうが多いような気さえする。最初に『老い』を意識し始めるころ。『疲れがとれにくい』『性欲が衰えたような気がする』という愚痴はよく聞く。婚外恋愛に突然はまってしまった、妻と恋人のあいだで惑う。家庭の絆を大事にしつつも、外に別の『』を求めずにはおられない、その繊細にして不器用、優柔不断にすら見える姿から浮かびあがる悲しさ、切なさの正体とは?『奥さんと私、どっちが大事なの?どっちを愛してるの?』『大事なのは妻だけど、愛してるのはキミだよ』この回答に納得し、つい笑ってしまう。こういう男はそんなに悪いヤツではないのか…。
性欲はオナニーで解消しよう、詳しくはをチェック。

東京出張

地方在住ですが月に何度も泊りで東京出張があります。慣れないうちは旅の疲れと仕事の疲れで仕事が終わると宿に帰って寝ているだけでしたが、慣れてくると家庭から開放された気分になって飲みに出歩いたり風俗に行ったことさえあります。その日も仕事が比較的早く終わり、まだ6時ごろでしたがホテル近くの店で晩飯を食べながら日本酒をやっていると結構飲んでしまいました。少し酔いが覚めるまで外の風に当ろうと公園をうろつくとかなり若い女の子が「お兄さんお金貸して」とこちらに話しかけてきました。突然のことだったので驚きましたが酔った勢いも手伝って「援交する?それなら返さなくていいよ」と答えてしまいました。

SMチャットから

俺が別居する少し前から、チャットをするようになった。俺の事を知っている方なら、お判りだと思うが、チャットは、アダルトのサイトのチャット。それも、SM系サイトのチャットをしていた。その頃、夫婦仲がギクシャクし始め、会話もほとんど無くなっていた。そんな中、チャットと言うモノを知り、どうせするならと思いアダルトのサイトに飛び込んだ。そので遊んでいると、リストカットをした事のある子と話しをしたのが始まりで、その後、何人かのリストカット経験者または、常習者と話す事が多くなった。そして、違うサイトに行った時に、女装の人と話す事があった。その後、離婚をし1人になった頃、彼女ができ、性行為をすると、彼女は子供ようになり幼児時期に体験した性的虐待を受けていた頃に戻るのです。これが、1人なら、偶然かもしれないが、2人目も現れた。

出会い系チャットになる

チャットサイトを通じてチャットをしていくうちに仲良くなる…そのうちに人というのは相手に会いたくなるものです。しかしチャットで仲良くなったといっても知らない人に会うのには勇気がいります。でもここで一歩踏み出さなければ運命の相手かもしれない人に会えないでチャンスを逃すかもしれないのです。とは言っても利用している人の目的は様々で、エッチがしたい人もいれば愚痴などをメールで聞いてくれる相手がほしい人、同じ趣味をもった人と語りあいたい人など一人一人違います。同じ目的をもった人と出会えた時、その時が本当の意味での出会い系チャットと呼べるのかもしれませんね。

ライブチャットでオナニー

オチンチンから白いのビュッって出してくれる?あなたのセックスフレンドにして?精液がビュッて飛び出すところ見せて欲しいの。チャットレディしてるよ。いつもはオナニーで解消してたけど最近はチャットで見せるよ!オナニーするだけじゃ足りなくなっちゃって…また学校のトイレでしちゃいそう…でも次オナニーする時はあなたの前で恥ずかしい格好して…ヌレヌレのオマンコちゃんを晒しながら恥ずかしい所グリグリしてるのをウェブカメラから見て欲しいの…今日はダメかな?お昼中だから…ライブチャットに来てくれるかな、どうかだけでも…スケベなあなた、教えてくれませんか?